子供と一緒に屋久島へ家族旅行へ行く方のお役立ちサイト。縄文杉・トレッキング・沢登り・シュノーケル、おすすめホテル・レストラン情報など。

子どもと行く!屋久島家族旅行

子どもと遊ぶ!屋久島観光

痛ーい!!!!ムカデに刺されたぁ!1日で治った私の応急処置と対処法

更新日:

屋久島旅行の3日目。
家族で沢登りツアーに行った時のこと。ガイドさんが用意してくれたマリンシューズに足を踏み入れた途端「ぎゃぁぁぁー!いたぁぁぁぁぁぁあ!!!!」

マリンシューズの中に潜んでいたムカデに足の小指をガブリと噛まれてしまいました。ムカデってメッチャ痛いのよ。蜂に刺されたと同じ。
すぐにガイドさんに応急処置していただいて病院に直行。
「1週間ほど痛いですよ」と言われましたが、ガイドさんの適切で迅速な対応のおかげで翌日にはすっかり痛くない状態に快復し、約5時間の白谷雲水峡トレッキングにも出かけることができました。

現地の人にも驚異的だと驚かれたほど即効で治った私のムカデ事件。私がしてもらった処置と治し方をシェアしますね。

ムカデに刺された!ポイズンリムーバーで応急処置

ガイドさんが私が脱ぎ捨てたマリンシューズをさかさまにしてコンコンとすると、体長12センチぐらいのムカデがササササーッっと出てきました。

ガイドさんはすぐに車の中から注射器のようなセットをもってきて(↓こういうの)、

>>アマゾン・NEW エクストラクター ポイズンリムーバー 強力型 【2018年改良版】 品質2年間保証

刺された患部にスポッと吸い当てて、チューっと吸い込んでくれました。

これはアウトドアをする方なら必携の「ポイズンリムーバー」というもので、ムカデだけでなくハチなどにも刺された時にも効果あるんだそうです。
吸い込むと中が真空みたいになって足の小指がぽこりとカップの中に吸い込まれるんだけど、これがどうやら毒を体に拡散させないための処置なんだそうで、毒を患部にとどめて吸い出す!ということなんだそうです。

ハチもムカデも毒は『タンパク質』なので、それによってアレルギー反応やひどい場合はアナフィラキシーショックにもなってしまう場合があるのですが、

このポイズンリムーバーで毒を患部にとどめて体中に拡散させなければショックも減らせる、という鉄板の応急処置。

でもねー、噛まれた患部が激痛なのはもちろん、さらに吸い込まれるとあって痛さが倍増。もう汗がたらたら、涙がウルウル、「いたーいいたーいいたーいいたーい」としか言えない(´;ω;`)ウッ…。

もしもポイズンリムーバーを持っていない時は、幹部より心臓に近いところで縛って、毒が広範囲に広がらないようにするのがいいそうです。

病院で診察

10分ほどポイズンリムーバーで毒を吸い出してもらったあと、そのあとガイドさんのススメで病院で念のため診察してもらいました。

その間「アレルギーはないですよね」「ムカデに刺されたのは初めてですか?」「気分悪くなったりしてませんか」ガイドさんの細やかな気遣いあり。

私が行ったのは屋久島で一番大きい病院「屋久島徳洲会病院」の外科。
病院に着いた時には小指がパンパンに腫れて痛くて下に付けない状態。仕方がないので片足ケンケンで移動。

付き添いのガイドさんが「車いす持って来ましょうか?」と言ってくれたけど、現地の人に「ムカデくらいで」と言われそうで意地のケンケンを貫きました。

「ムカデに刺されたんですけど」と言えばさすが島の皆さんは対応が温かい。
「あー、痛そうー」「腫れてる腫れてる。痛いよねー」と皆さん経験者風?(笑)。

すぐにドクターの診察が開始。

「洗った?」「いえ、まだ」

「清潔が一番だからねー、今からでもいいからすぐ洗ってキレイにしてねー」

「ステロイド効きますから、弱めのステロイドのお薬出しときますから」「お願いします」

「えーっと、現地の人じゃないね?観光?」「はい、そーです。明日雲水峡にトレッキングに行きたいんですけど」

「うーん、ムカデは1週間くらいは痛いよねー。でも我慢すれば行けるんじゃない?(←ドクター談まま)
大丈夫だとは思うけど、旅行者さんだし念のため、化膿止めと痛み止めも出しときますねー。」「お願いします」

まぁ、なんと島風の診察なんでしょう(笑)。以上。診察1分でした爆!

そのあとトイレで患部をゴシゴシ洗いました。刺激を加えるとこれまた痛いんだなー(-_-;)。

コテージに戻って、45℃で温める!

さて、ガイドさんに宿泊先まで送り届けてもらいようやく落ち着きを取り戻しつつある私。
この時は足を下に付いて少し引きずるぐらいで歩けるようになってきた。

噛まれた右足を写真に収める余裕が出た↓。

ムカデ 刺された 噛まれた 処置

病院で処方された痛み止めを1回分飲んでひと段落。
精神的にも落ち着いて「ムカデ 刺される」とか「ムカデ 応急処置」なんてググってみる余裕もできました。

すると、43℃以上のやけどしない程度のお湯 で洗い流すのが効果的という記載を発見。

なんでもムカデの毒はたんぱく質で熱に弱い性質を持つため43℃以上のお湯で分解され失活するらしい。
ムカデの毒は、皮膚の表面近くにとどまっているため、この熱シャワーが良く効くのだとか。

ただし。
ムカデに刺された直後でないと効果がなく、刺されてから時間が経ってから患部を温めることは却って逆効果だとの記載も。

うーん、現在ムカデに噛まれてから2時間経ってますが、これってまだ「刺された直後」に入ります?

えーい!やってみよー!だって明日トレッキングに行きたいんだもん!

というわけで、お風呂場で45度のお湯に患部を15分浸してみました。
んんん( ,,`・ω・´)ンンン??足をお湯につけた瞬間から、なんだか痛みが減った気がするぞぉ???

15分間患部を温めた直後の様子がこちら↓。

むかで 足 刺される 対処

足先がちょっと赤くなって低温やけど気味ですが…、明らかにムカデに刺されたところの痛みが少なくなってびっくり!これは絶対効果あります!

翌日かなり腫れが引いてる!午後にはほぼ完治

温水療法をした後は、かなり痛みが減って歩きやすくなってきました!これなら次の日にトレッキングに行けそうな気配!
なにより楽しみにしていた今日の沢登りツアーに行けなかったから、明日こそは家族そろって雲水峡トレッキングに行きたいのだー!

さすがにこの日はお酒を控えて早めに就寝。
病院でもらったステロイドを塗りまくって寝ました。

そして翌日↓。

むかで 足 刺される すぐ治る

めちゃ腫れが引いてる!
普通に歩けるくらいに痛みも減ってました。

このまま5時間のトレッキングに行ってもムカデに刺された足は全く傷まず、そのまま赤みもひき、たった1日での完治となりました。

ムカデに刺された!まとめ

今回、ムカデに刺されたもののたった1日でほぼ完治できた理由として

  1. すぐにポイズンリムーバーで毒を吸い出したこと
  2. 45℃(やけどしない程度)の熱湯で患部を温め毒を分解したこと
  3. 病院でもらったステロイドを塗ったこと

が良かったのだと思っています。

ムカデ、すごーく痛いですよね。皆さまのご参考になれば幸いです。

 

 

-子どもと遊ぶ!屋久島観光

Copyright© 子どもと行く!屋久島家族旅行 , 2019 All Rights Reserved.